アクセラ 売却|2社に依頼しそれぞれ査定額を出してもらい

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ただ素人の私には今の車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

アクセラ 売却|どこにせよ可愛がっていた車なのです

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で売ることができました。思っていたよりもかなり高く売却できました。みんなが知っている車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットを見たところ、そのページの情報では意外でしたが、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。ただそれは海外輸出向けみたいですね。日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界一と信頼しています。

今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、この車も外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを手放すときの寂しさがありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。可能なら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときには複数の車を売りたいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。この日本において、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.