アリオン 買取価格|感じではありませんでした

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古自動車販売店で見つけました。ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売却することにしました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、せいぜい20万が上限とのことです。この自動車は半年前に約70万で購入したのです。単純に計算すると、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある人気の買い取り業者に査定してもらったのです。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。その為、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省点として挙げておきます。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

アリオン 買取価格|想像できなかったですが

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で売ることができました。相場よりも高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

日本の自動車は海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と言い切れます。

今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。車を売るときは、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ子供の旅立ちのような感じです。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいと思うお客さんがいて、欲しいと不要がバランスよく上手く取れているものと思いました。

平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.