アルファード 買取|翌日別の会社の方が買い取り査定に来て

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らして経費節減をするというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。でも素人には自分の乗っていた自動車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってネット通信していました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

アルファード 買取|ショップがあったので

仕事先が決まったお祝いとして、両親から車をプレゼントされました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、買ってもらった車に乗って毎日通勤していたのです。先日本社への転勤が決まり、クルマの処置をどうするかで困っていました。田舎であれば自動車は、必須項目で欠かすことができません。でも電車などが網羅されている都会においては、クルマを持っていなくてもさして日常の生活には支障が出るとは思えません。おまけに駐車場代や維持管理費を考えた場合、生活費への負担が大きくなってしまうのでこの際に売ってしまうことにしたのです。

たまたま自宅の近くに、中古車販売のショップがあったのでそこを訪れ、査定をお願いしました。結果は予想をはるかに下回る価格が提示され、思わず落胆してしまったので返答もできずに帰宅したあと、他の車買い取り業者がないか調べました。

ネットで調べると一括査定サイトがあったので、査定を依頼してみました。年式や走行距離事故歴などをマスに入れていくと、厳選された複数の買い取り業者が概算査定額を教えてくれます。一括なので入力は1回すればよく、手間を大きく節約できるので便利です。そして調べてみた結果、一番高値をつけてくれた買い取り業者さんがいましたので、そこへ売却する事にしました。

ネットで査定してもらって得た金額は大きかったので、ネットを活用して本当に良かったと思います。親切な業者さんでもあって、思っていた以上の高額で買ってもらうことができました。車を売却する際はぜひ、無料の査定サイトを活用することをおすすめします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.