アレックス 下取り|ボロボロの中古車に

前に使っていた自動車は、ボンネットのところが白くなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、白い部分が妙に目だちボロボロの中古車に感じるのです。一応洗車をして査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定価格に影響すると聞きました。

ならばとカーショップに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディの艶を出すようなグッズを見つけることができました。早速それを気になる部分に塗った所、艶が出ていい感じになりました。隣のおじさんには買い替えたのかと言われるくらいの仕上がりでした。

もう一回査定をしてもらったところ、前回よりも査定額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのか不安でしたが、考えていたよりも高く評価されました。無論色についても影響はなかったようです。白く感じたボンネットも元々の色に戻す事が出来、それまでよりもより一層艶やかな感じにすることができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、車を掃除するなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと相場以上の査定になるかもしれません。査定価格の上昇とつややかにするためのグッズ代と手間を比較してみて、損しないと思ったらきれいにするのも良いでしょう。私は1000円の投資で、査定額が数万変わるんですからね。

アレックス 下取り|2位の買い取り業者が1位の

新型の発売に合わせて、所有している自動車を売却しようと考えていました。当初は購入したディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、買い取り業者と比べると15万円も安い金額になっていました。

それまで下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額の違いに驚きました。結局下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に売ることにしたのです。

クルマ買い取りのサイトで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで査定額にバラつきがありました。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、このサイトには複数の業者に出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。

3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリと判るからだと思います。ネット上では概算は判りますが、参考的なものであり詳細額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定に必要な時間は1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定してもらいました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者を逆転して、一番高い金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を超えない価格でしたが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、78万円まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.