ウイングロード 査定|遠方にある知り合いの

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。しかしその後、乗って楽しかったのは少々、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで売却することにしました。職場の近くの自動車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。単純計算では、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。ここでの査定結果は、26万円で買い取ってもらうことになりました。複数業者の査定では6万円の差になったみたいです。

それでも44万減った事実に変わりないのですが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売却することになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に輸送代を取られてしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

ウイングロード 査定|ただそれは海外輸出向けみたいですね

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。思っていたよりもかなり高額で売れたのです。みんなが知っている車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、ある情報では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。

今回売却したクルマも国産車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもと思うと夢が膨らみます。海外でなくても良いので活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、どんな査定がされるのかやこの車を次に乗る人を妄想する楽しさもあります。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスが上手く取れているものと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.