クラウンエステート 売却|そこで良さげな中古を

今回車買い取りをしてもらった車は少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で手放すことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、6カ月で50万円も失ったことになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。その結果、26万円で買い取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売却することになった可能性があったのですから助かりました。

この状態で持っていくつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。その為、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。もしもホントに買い取りをしてもらうつもりなら、ハナから言っておくべきだと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

クラウンエステート 売却|意外でしたが珍しいクルマは高く

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買い取ってくれました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、そこの情報では意外でしたが、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。ただそれは海外向けとのことでした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣もその理由のようです。私の考えも、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを妄想する楽しさもあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所で毎日いるのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ可愛がっていた車なのです。車を渡す時には複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.