クラウン・ステーションワゴン 買取|艶出しワックスなどでメンテしておくと

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分が白くなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいオンボロ車のように感じてしまいます。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、ボディの一部の色が査定金額に影響を与えるという事を聞きました。

カーショップに行ってボンネットの白色を戻すような方法を探したところ、簡単に艶を出す事が出来るアイテムを見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。母親からプロにやってもらったのかと聞かれたほどです。

再び買い取りのための出張査定見積もりをやったところ、前回よりはるかに高額になりました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、思ったよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても影響はなかったようです。白くなりかけていたところも元々の色に戻す事が出来、これまでよりもそれ以上に綺麗にすることが出来たから良かったのかなと思います。クルマを売る前には、車を掃除するなどきれいに見えるようにしておきましょう。またボディが白くなっている時等は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額に変化が出る事も有ります。査定見積もり額のアップと艶出しの為のアイテムの費用とを良く比較してみて、お得そうだったら手入れするのも良いと思いませんか。1000円程度のワックスで、査定額が数万変わるんですからね。

クラウン・ステーションワゴン 買取|なっていました今まで買い取り業者とかは

新型の登場とともに、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万円位安い見積もりになっていました。今まで買い取り業者とかは利用しようとも思いませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはしないことにして、買い取り専門業者に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定額にものすごい差がありました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万から76万まで色々な評価があることがわかりました。一番高値の専門業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトには2-3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと記載されていました。

3社に見積もりを出す理由は、実際のクルマをみてもらうことで、はっきりした査定額が判ります。ネット上でも概算額はわかりますが、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

査定に必要な時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。出張してもらっての査定の結果、ネットで表示された査定額2位のお店が1位の査定額を抜いて、最高の査定額を提示してくれました。サイト内では70万を下回る査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.