シルビア 買取|しかし44万円のマイナスには

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探していましたが、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。

ですが、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で売却することにしました。近くにある自動車買い取り業者に査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。これを計算すると、半年50万程度も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取っていただきました。地元と大手とでは6万円の差になったみたいです。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ってしまうことになっていたかもと思えば助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次に利用する時は、そのあたりも忘れないようにします。

シルビア 買取|次の乗り手を想像する楽しさがあります

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり買ってもらえました。相場よりも高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットで調べてみたところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車種が高く売れやすいとありました。それは海外向けとのことでした。

今日本の車は海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもと思うと夢が膨らみます。海外でなくても良いので利用されるのであればうれしいですね。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を想像する楽しさがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、考えるとワクワクします。もしかして外国かもしれませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいと思っている人がいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。

この日本において、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.