ステージア 買取価格|元々の色に戻す事が出来

前に乗っていた車は、ボンネット部分が白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立ってやけにボロボロな車に感じるのです。クルマを洗ってみましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が査定金額に影響があるようです。

ならばとカーショップに行ってボンネットの色を戻せないか考えていたところ、艶を出すことができるアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、とても綺麗になりました。親父からはいくらかかったと言われました。

再度車買い取りの為の査定を受けた所、前回よりはるかに高額になりました。古い車だったのでどう出るかと思いましたが、想像以上に高く評価されました。気になっていた部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなってしまっていたところも元々の色に戻す事が出来、今まで以上につややかにする事が出来ました。

自動車の買い取りを利用する前には、できるだけボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定金額に影響するかもしれません。査定見積もり額のアップとつややかにするための手間などを比較するなどして、オトクになるようであればやってみるのもアリです。千円くらいの出費があっても、数万円の査定アップになりました。

ステージア 買取価格|やっていませんでしたが

新モデルの登場と時期を合わせて、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっています。

今まで買い取り業者とかはやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。こういった現実を知った以上下取りは止めることにして、自動車買い取り店に引き取ってもらうことにしました。クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、30万から76万まで金額がバラバラでした。一番高値の専門業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には無料の出張査定をしたほうがよいと書いてあったと思います。

3社に見積もりを出す理由は、実際に観てもらうことて、確定の査定額が判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。売却手続きまで含めて1時間もあればとのことでしたから、土日に集中的に査定してもらいました。査定の結果、サイトで見た査定額2位のお店が1位の業者を逆転して、最高の査定額を出してくれました。ネットでは70万を超えない金額だったのですが、それよりも高い査定の業者があったことを伝えてみると、78万円まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.