セルシオ 買取価格|前回よりも金額がアップしました

以前乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分が白くなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に見えてしまいます。一応洗車をして買い取り査定してもらうと、ボンネットの白さが査定額に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。それを見た人から新車にしたのかと言われた程です。再度車買い取りの為の査定を受けた所、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのか不安でしたが、思いよりも高く評価されました。気にしていたあの部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、より一層ピカピカにすることが出来ました。クルマの査定を受ける前には、ボディを磨いておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディカラーが気になる場合は、ワックスを使って綺麗にするだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定額がアップすることとつややかにするためのグッズ代と手間を良く比較してみて、オトクになるようであれば手入れするのも良いと思いませんか。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

セルシオ 買取価格|違いはありませんが

売却した車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。

しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで売却することにしました。近くにある中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。これを計算すると、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、それ以上に安く売却するはめになったかもと思うと助かりました。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。その為、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.