ゼスト 下取り|誰だって車を買い取ってもらう時は

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽を売ることになり、今回は乗換ではなくて台数をへらして経費の節約を図るというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。自動車の査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。でも素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

ゼスト 下取り|予想以上の金額で

私が住むエリアは結構ないなかで、クルマの買い取り専門でやっているお店はありません。引き取りしてくれるのは、ディーラーか中古車販売しているところです。

5年程度使った愛車を手放すときは、手間もないので近くのお店で見積もり査定をしてもらいました。その結果、大切に乗ってきた車でしたが約30万という査定額に愕然としました。

そのため、ネットで見た中古車の査定サイトで試しに査定してもらうことにしたところ、予想以上の金額で買ってもらえました。一括査定依頼で査定を出張でしてもらうことになったのが、すべてが広告やテレビなどで名の売れた車買い取り業者でした。所用があったため、時間を区切って実車査定をしてもらったのです。

午後に来てくれた業者のスタッフが気持ちの良い人で、この色のクルマを求めている人がいるのでぜひ買い取らせてもらいたいと言われました。気になる査定額は40万円と10万も増えましたので、その業者さんに引き取ってもらおうとすぐに決めました。その方は買う気マンマンだったらしく、大きな輸送用の車で来ていたようでその場で手続きをして持っていきました。

遠くから来てもらってもと思っていましたが、地元の業者にしてもらった時より明らかに楽でした。他にも、面倒な手続きはほとんどやってくれるし、比較して10万アップになったし、ネットの査定サイトを活用してホント良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.