チェイサー 売却|帰られてしまいました

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。でも素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していって送信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、OKを出しました。

チェイサー 売却|そのまま買い取ってもらう

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していましたが、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで手放すことになりました。職場の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万円が相場だそうです。

私は半年前にその車を70万円で購入しました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り専門店に査定してもらいました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く売却することになっていたかもしれないのですから助かりました。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く準備をしていませんでした。その為、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと後悔しています。次に利用する時は、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.