ティーダ 査定|午後に来てくれた業者のスタッフが

私が住むエリアはかなり田舎で、中古車の買い取り専門でやっている業者がないのです。引き取りしてくれるのは、車のディーラーか中古車を販売しているお店です。

5年ほど乗った愛車を売却した時、手間もないので近くのお店で査定をお願いしました。しかし、大切に乗ってきた車でしたが約30万という査定額に驚くしかありませんでした。

ということもあり、ネットで頼める一括査定サイトで算定してもらったところ、想像以上の高額で売却することができました。ネットの一括査定の依頼で査定を出張でしてもらうことになったのが、どちらもネットやテレビなどで見たことのある中古車買い取りの業者さんでした。空き時間もそれほどないので、午前と午後に1社ずつ査定に来てもらうことにしました。

午後に来てくれた業者のスタッフが気持ちの良い人で、この車種でこのボディカラーを欲しい人がいるので査定も頑張りますと聞かされました。買い取り額は40万オーバーで10万程度のアップでしたから、そこで売ろうとすぐに決めたのです。その業者さんは準備周到で、もう一人も出張して来たみたいでそのまま乗って帰られました。

遠くから呼ぶのもと思っていましたが、地元の業者にしてもらった時より手間は少なく感じました。それから、手続きなどは準備が出来ているのですぐ終わりますし、その上相場以上の価格で、ネットの査定依頼をやってみてとってもお得だったと思います。

ティーダ 査定|海外で活躍するのかもと思ってみると

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。みんなが知っている車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報では予想に反して、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で売却できるとあったのです。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と思っています。

今回売った車も国産の車ですが、もしかして海外で活躍するのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを失う悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。豊かな日本において、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.