ティーダ 買取|基の色に近づけることができ

これまで乗っていたクルマは、ボンネットのところがなぜか白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロボロな車に見えてしまいます。洗車をしてから買い取り査定してもらうと、ボディの一部の色が査定金額に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行って目立っている白い部分を戻すような方法を探したところ、手軽に艶が出るようなアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、驚くほどキレイになりました。それを見た人からいくらかかったと言われました。

再度車買い取りの為の査定を受けた所、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどうなってしまうのかと思っていましたが、想像以上に高く評価が出てよかったです。無論色についても影響はなかったようです。白くなってしまっていたところも基の色に近づけることができ、今まで以上に綺麗にすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマを売る前には、なるべくボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどを利用して綺麗にすると相場以上の査定になるかもしれません。査定額のアップとピカピカにするためのアイテムの費用とを比較してみて、オトクになるようであればやってみるのもアリです。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の差が出るならいいですよね。

ティーダ 買取|70万出して買いました

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため中古で良質な車を探していたところ、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

しかし、乗って楽しかったのは少々、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで売却することにしました。試しに自宅の近くにある車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に70万出して買いました。計算したくもありませんが、半年50万程度も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万となりましたので買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万の差が生まれるようです。

しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.