デュアリス 下取り|ところが楽しく乗れたのも少しだけで

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万円で買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売却するはめになったかもと思うとまだ助かったと言えます。そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、車を持って行く考えではなかったようです。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

デュアリス 下取り|高値で引き取ってもらうことが

これまで使用していた車を売却することになりました。車を買い替えるときには下取りを依頼すればよいと思う以外発想がありませんでしたが、ネットを活用する方法もあることを聞きました。それが買い取り専門業者でした。

初めての経験なので、取り掛かりが大変でした。ネットで検索しながら、手続き方法を見つけました。まずは人気のありそうな一括で査定が依頼できるサイトを見つけだすために、査定サイトを調べ、そこで一括査定を申し込みました。その結果から、どこの業者に出張を依頼するかを決めました。

これまで何度か親がクルマを乗り換えている様子は見ていたからもあり、相場のどれくらいで下取りされるのかは知っていました。私がこれまで乗っていた車の年式・走行距離・ボディの状態などから、希望額ほど高く買ってはもらえないとイメージしていましたが、現実を知らなさ過ぎました。イメージよりも査定額となっていたからです。そこで試しに下取りだったらどれほどの見積もりになるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その結果は、いくつかの買い取り業者と大体同じ位でした。ただそれ以上の金額でも買ってくれるという業者があったので、私は迷わず買い取り業者に買い取りを依頼しました。

初挑戦のことでしたが、ネットで調べながらやれば、私でも簡単に手続きなどをやることができました。高値で引き取ってもらうことができたので、次の自動車を買い変える時の費用も抑えることができましたし私としては大成功でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.