ノア 売却|基の色に近づけることができ

これまで乗っていたクルマは、ボンネットのところがなぜか白っぽくなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白くなっているのが影響してやけにボロボロな車に見えてしまいます。洗車も一応しましたが査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットの白さが査定額に影響すると聞きました。

ショップに行って目立っている白い部分を戻す方法はないか見ていたら、艶を出すことができる商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。それを見た人から新車にしたのかと言われました。

再度買い取りしてもらうための出張査定見積もりをやったところ、前回よりはるかに高額になりました。古めの車なのでどうなるのかと思っていましたが、思いよりも高く評価が出てよかったです。ボディの色なども問題なかった様子でした。白くなりかけていたところも基の色に近づけることができ、今まで以上につややかにする事ができたのが何よりよかったです。

クルマを売る前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの艶がないときなどは、ワックスで磨いておくだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定価格の上昇と艶を出すためのグッズ代と手間を比較するなどして、お得そうだったら手入れするのも良いと思いませんか。1000円程度のワックスで、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ノア 売却|2社にお願いしすべて出張査定を依頼しました

これまで使っていた自動車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが素人には今の車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、色々と入力しネット通信していました。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/29 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.