ハイラックスピックアップ 査定|査定見積もりをしてもらいました

新型モデルの登場と同時に、買い替えのためにマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になるところでした。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことがありませんが、初めて査定比較サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。結局下取りはしないことにして、買い取り専門業者に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に売却することを考えましたが、このサイトには少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてありました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、査定額がハッキリと判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく決定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来ていただきました。売却手続きまで含めて1時間くらいと言われていたので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定の結果、ネットで表示された査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、最高金額を提示してきました。サイト内では70万を下回る金額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。

ハイラックスピックアップ 査定|失ったことになります

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。職場の近くの中古車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万とのことです。

私は半年前にその車を約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、半年50万程度も失ったことになります。これでは納得できないので、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらえました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売却するはめになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていなかったようです。そのため、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。本当に売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.