ビッグホーン 査定|しかし

私が住むエリアはかなり田舎で、車買い取りだけを行っている業者はありません。買い取ってくれるのは、ディーラーかガススタンドくらいです。

約5年ほど乗ったクルマを売ってしまったときは、手間もないので近くのお店で査定してもらいました。しかし、可愛がって乗ってきた愛車が30万少々という査定額に悲しくなりました。

そこで以前、ネットを使った無料査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で売ることができました。一括査定で査定を出張でしてもらうことになったのが、どちらもインターネットやテレビCMで名前をよく聞く車買い取り業者でした。そうそう休めないので、時間を区切って実車査定をしてもらったのです。

午後からの業者さんはさわやかな方で、この色のクルマを欲しいという人がいるので査定額も勉強しますとおっしゃいました。買い取り額は40万オーバーで10万も増えましたので、その方に売却しようとすぐに決めました。このスタッフの方は準備周到で、もう一人も来ていたようでそのまま引き取っていかれました。

遠くから来てもらうまでもないと考えていましたが、地元の業者よりも手間がかかりません。それに、面倒な手続きはほとんどやってくれるし、その上相場以上の価格で、ネットで査定を依頼してとってもお得だったと思います。

ビッグホーン 査定|クルマを持って帰るような

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車はとても無理でした。そこで良さげな中古を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で売却することにしました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。単純計算では、半年50万程度も失ったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらえました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万円も安く手放すことになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような感じではありませんでした。その為、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.