ビート 査定|新車はとても無理でした

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、次々と予想外の問題があり、とうとう半年で売ってしまうことになりました。家の近くの車買い取りショップに査定を依頼したところ、よく頑張っても20万とのことです。私は半年前にその車を70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も財産が目減りしたことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で売却することになったかもと思うと助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く段取りはされていませんでした。その為、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次に利用する時は、そのあたりも忘れないようにします。

ビート 査定|都会においては車は持っていなくても

仕事先が決まったお祝いとして、両親から車をプレゼントされました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、その車に乗って通勤しておりました。ところが転勤することになったのですが、車をどうするかで迷っていました。

都市部以外であれば車は、必須項目で欠かすことができません。でも電車などが網羅されている都会においては、車は持っていなくてもさして日常生活に支障とはなりません。車を所有すると駐車料金や維持管理まで考えると、お金的な負担が重くなりそうなので今回をキッカケとして売却を検討することにしました。

職場近くにある、大手買い取り業者さんのチェーン店があったのでそこを訪れ、見積もりを取って頂きました。想像していなかった評価で値段が示され、気持ちが落胆してしまいまい返答を留保し一旦帰宅した上で、もっと高く買ってくれるところがないかを探そうと思ったのです。

するとネットで査定できるようなので、早速見積もりを取ることにしました。車種や走行距離等を入力するだけで、いくつかの買い取り業者が査定見積もりを出してくれます。一括なので入力は1回すればよく、時間を掛けずにできるのは魅力です。こうして調べてみましたが、希望以上の高値だった買い取り店があったので、そこへ売却する事にしました。

複数業者に出張査定をしてもらって売れた金額は大幅な開きがあったので、査定比較サイトを活用して本当に良かったと思います。交渉の甲斐もあって、思っていた以上の高額で売れることができました。車を売却する際はぜひ、ネットの無料一括査定サイトを利用することをお奨めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.