フレアワゴン 買取|6万円の差がありました

今回売ったクルマなのですが1年ほど前に買った中古車です。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。家の近くのクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を約70万で購入したのです。単純に計算すると、半年50万程度も財産が目減りしたことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。その結果、26万円までアップし買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万円の差がありました。しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で売ってしまうことになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような準備をしていませんでした。その為、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。本当に売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

フレアワゴン 買取|何処に留まっているのかなど

珍車を買い取り業者に出したところ、思わぬ価格で買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、そこにある情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取るとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気車種が高値で買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、もしかすると海外で使われるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時には中古車を買いたいと思うお客さんがいて、欲しいと不要がバランスよく上手く取れているものと思いました。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/29 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.