ブルーバードシルフィ 下取り|自動車の買い取りを利用する前には

これまで乗っていたクルマは、ボンネットが白くなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、白い部分が妙に目だちオンボロ車のように見えていました。一応洗車をして買い取り査定してもらうと、やはりボンネットの白さが査定価格に影響すると聞きました。

カーショップのようなところに行って目立っている白い部分を戻す事は出来ないか見ていた所、簡単に艶を出す事が出来る商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、とてもピカピカになったのです。親父からはプロにやってもらったのかと言わせるほどです。

もう一回無料査定を受けたところ、前回よりも査定額がアップしました。古いものでもありましたからどうなるのか不安でしたが、思いよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気になっていた部分も何か言われることもありませんでした。白くなってしまっていたところも周りに同化できているし、より一層艶やかな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。

自動車の買い取りを利用する前には、できるだけボディを綺麗にしておかないといけませんね。ボディの輝きが気になるときは、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定金額に影響するかもしれません。査定額がアップすることと輝きを出すためのワックスなどの費用とを比較してみて、得な気がしたらキレイにするのもありですね。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

ブルーバードシルフィ 下取り|2社で査定しなかったら

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、遠方にある知り合いの中古車販売店で良い車を見つけました。ところが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年で売却することにしました。近くにある車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万円にしかならないというのです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これは満足いくわけもないので、友人が売っていた有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売ってしまうことになったかもと思うと助けられたとも言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような段取りはされていませんでした。ですので、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。本当に売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.