プリメーラ 買取 相場|燃料代もコストが抑えられます

長く乗ってきた車を、次の車検のまえに手放すことになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、新しいパートナーがほしいといった感じが思いのほか沸きあがってきたからです。

以前とは違い、最近は低燃費の車が多いので燃料代もコストが抑えられます。出来れば高値で買い取って欲しい、そんな思いでいましたから、評判の買い取り業者を調べてみました。すると比較サイトを使った後で、クルマを買取ってもらった方の多くが、そこで出された査定額に満足している事に気がついたのです。

これまでは、近くの買い取り業者に、査定見積もりしてもらうというのが一般的でした。しかしそうしてしまうと、伝えられた査定価格が適正と言えるのかどうか、車業界にいない私には判断できません。比較できるサイトを使っていけば、近くの業者の中から最も高額の査定業者に売る手配ができるといった手軽さがあります。

そこで私も、年式や車種などを選択して査定をお願いしたところ、腰が抜けるような高額査定だったので、ビックリしてしまいました。すぐに業者に連絡して尋ねてみたところ、簡単見積もりで出た金額と殆ど変わらない金額で買い取って貰えたのです。比較サイトを活用していなかったら、そう考えるだけで恐ろしくなりました。

こういった感じで、思わぬ高額となって買い取って頂けたので大満足です。いきなり車の売却というと、不安感がある方もおられると思いますので、まずは気軽に相場を見てみるところからやってみると良いでしょう。

プリメーラ 買取 相場|この状態で持っていく

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探していたところ、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に70万出して買いました。これを計算すると、半年50万程度も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた大手の買い取り業者に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらうことができました。2社の比較ですが6万の価格差がありました。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売却することになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

この状態で持っていくつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような考えではなかったようです。そのため、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。本当に売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。次に利用する時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/29 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.