ラピュタ 査定|苦笑いしていました

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいですよね。ですが私のような素人には乗っている車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していって送信していました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、喜んでOK出しました。

ラピュタ 査定|さわやかな方でこの車種でこのボディカラーを

私の生活圏はかなりの田舎で、自動車の買い取りだけを行っている業者はありません。引き取りしてくれるのは、車のディーラーか中古車販売しているところです。5年ほど乗った愛車を手放すときは、地元のほうが手間がなくていいと考え査定してもらいました。その査定結果ですが、手入れもしてきた車なのに30万ほどの見積もり額に愕然としました。そこで以前、ネットを使った無料査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、想像以上の高額で売却することができました。一括査定で査定をお願いすることになった2社は、どちらもネットやテレビなどで有名な買い取り業者でした。空き時間もそれほどないので、午前と午後に分けて査定見積もりしてもらうことにしました。

午後に来てくれた業者のスタッフがさわやかな方で、この車種でこのボディカラーを欲しいという人がいるのでぜひ買い取らせてもらいたいと言われました。買い取り価格も40万円と10万上げてくれたので、その方に売却しようとすぐに決めました。その業者さんは準備周到で、輸送用のクルマのを手配して来られていたみたいでその場で手続きをして持っていきました。

遠くだと手間がかかると考えていましたが、地元で手続きするよりも明らかに手間がかかりませんでした。メリットとしては、手続きなどはだいたいやってくれますし、その上相場以上の価格で、ネットの一括査定を使ってホント良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.