ラフェスタ 買取|ですが私のような素人には

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ですが私のような素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

ラフェスタ 買取|地元のほうが手間がなくていいと考え

私のいるところは辺鄙な所で、クルマの買い取り専門でやっているお店はありません。引き取ってくれるのは、ディーラーか中古車を販売しているお店です。

5年ほど乗った愛車を売却した時ですが、地元のほうが手間がなくていいと考え査定見積もりしてもらいました。その結果、可愛がって乗ってきた愛車が30万ほどの見積もり額に驚くしかありませんでした。

そんなわけで、ネットを使って査定サイトで査定してもらったところ、想定以上の値段で買い取ってもらえました。一括査定で査定を出張でしてもらうことになったのが、どこもテレビなどで有名な買い取り業者でした。仕事もあり休めないので、時間差をつけて見積もりしてもらいました。

午後に来てくれた業者のスタッフが元気のある方で、この色のクルマを探している人がいるので査定も頑張りますと言われました。査定価格も40万と10万上げてくれたので、そこで売ろうとすぐに決めたのです。このスタッフの方は買って帰る気があったのか、大きな輸送用の車で来られていたみたいでその場で手続きをして持っていきました。

遠くだと手間がかかるとイメージしていましたが、地元の業者よりも断然楽でした。それに、手続きなどはみんなやってもらうことができ、比較して10万アップになったし、ネットの一括査定を使ってとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.