ランドクルーザー 売却|だけども次に乗ることになる車が

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

ランドクルーザー 売却|ネットで調べたところ

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり買ってもらえました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取るとありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と思っています。

買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、もしかすると海外で使って貰えるのかもしれないなと妄想するとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので使ってもらえるのはいいですね。自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。もしも可能なら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

日本では、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.