レガシィランカスター 買取|約50万円を半年で

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、購入から半年ほどで売却することにしました。まずは近隣の自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。単純計算では、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、6万円低い額で売却することになった可能性があったのですから助かったともいえます。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車をもっていくような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと思い直しています。次に利用する時は、そのあたりも忘れないようにします。

レガシィランカスター 買取|売却できるとあったのです

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。相場よりもかなり高く買ってもらえたのです。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットを見たところ、そこの情報では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本の中古車は世界一と思っています。

今回売った車も国産メーカーの車ですが、もしかして外国に持って行くのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。

車を売却する時は、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り価格のことや新たなオーナーを妄想する楽しさもあります。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、いづれにせよ可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときには中古車を購入したいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

日本では、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.