レガシィ 査定|多いわけでもありません

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ですが素人には今の車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからタブレット端末で、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、喜んでOK出しました。

レガシィ 査定|ボディの色を戻す方法はないか見ていたら

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの目立つ部分がなぜか白っぽくなっていました。濃い色の車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロ車に感じてしまいます。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、やはりボンネットのあの部分が見積もり査定額に影響があると言われました。

カーショップに行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディの艶を出すような商品を見つけました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、艶が出ていい感じになりました。母親からいくらかかったと言われた程です。再度車買い取りの為の無料査定を受けたところ、前回よりも査定額がアップしました。古いものでもありましたからどんな結果になるのか心配でしたが、思いよりも高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども影響はなかったようです。白っぽかったあの部分も前の色に戻すこともできたし、それまでよりもピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

クルマを売る前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定額に変化が出る事も有ります。査定額のアップと輝きを出すためのグッズ代と手間を良く比較してみて、得な気がしたら手入れするのも良いと思いませんか。今回は1,000円くらいの出費で、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.