レパード 買取|その価格差に驚いたものです

新モデルの登場と時期を合わせて、所有している自動車を売却しようと考えていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、思いのほか安かったし、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなりそうでした。これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その価格差に驚いたものです。結局下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に売却しました。

車一括査定サイトで比べてみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に売ることを考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは出張見積りを受けたほうが良いと書いてあったと思います。

3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、参考値でしかなく詳細は車によって異なります。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

査定に必要な時間は1時間もあればとのことでしたから、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を提示してくれたのです。ネットでは68万円という金額だったのですが、それ以上の業者があったことを伝えてみると、78万になったのです。

レパード 買取|売れるとあったのです

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買ってもらえました。予想していた以上にかなり高額で売れたのです。みんなが知っている車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売れるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと思っています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、この車も海外で使われるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。海外でなくても良いので活かされるのなら嬉しいですね。

クルマを売ってしまうときは、慣れ親しんだクルマを失う悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこを走り、どこにいるのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときには複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。

この日本において、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.