ヴィッツ 売却|希望が80万円である事を伝えると

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ただ素人の私には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、チェック項目に入力していって送信していました。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ヴィッツ 売却|できたため車を買い替える時の

それまで乗っていた車を売却することになりました。私は車を買い替える時は下取りをしてもらうものだと思っていますが、それ以外の方法もあるらしいとその時知りました。それが買い取り専門業者でした。

ただ初めての事だったので、取り掛かりが大変でした。ネットで検索しながら、進めていきました。まずは口コミの良さそうな複数の業者に申し込めるサイトを調べてからだと知ったので、このサイトを調べて、そこから査定依頼をしました。その結果から、実際に来てもらう業者をどうするのか選んだのです。

今までにも兄弟がクルマを買い替えている姿は見ていたからもあり、どれくらいの交渉の後で下取りされるのかは知っています。私が使用していた車の走行距離や年式車体の状況や状態から、期待以上に高く買ってはもらえないとイメージしていましたが、予測は外されました。思っていた以上の見積もり額を提示されました。

もし下取りを選んでいたらどれくらいの金額になるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その下取り額は、買い取り業者の下の方と同じような査定額でした。しかし多くはそれ以上の金額で見積もりしてくれるところもあったので、迷わず買い取り専門店にお願いしました。

初めての体験でしたが、ネットで調べながらやれば、簡単に手続きなどをやれました。高値で引き取ってもらうことができたため、車を買い替える時の出費も減ったので私としては大成功でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/05/30 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.