ヴォルツ 売却|やはりボンネットのあの部分が

前に乗っていた車は、ボンネット部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白さが目立ってやけにボロボロな車に見えてしまうのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定価格に影響を与えるという事を聞きました。

ならばとカーショップに行ってボンネットの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディに艶が出るようなグッズを見つけることができました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。親父からはプロにやってもらったのかと言わせるほどです。再度車買い取りの為の無料査定を受けたところ、前回とは見違えるくらいアップです。古めの車なのでどうなるのか不安でしたが、思いよりも高く査定してくれたのでよかったです。無論色についても影響はなかったようです。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、それまでよりもより一層キレイな感じにすることが出来たのが良かったようです。クルマを売る前には、なるべくボディを綺麗にしておかないといけませんね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定額のアップと艶を出すためのグッズ代と手間を考えてみて、お得と感じたら手入れするのも良いと思いませんか。千円くらいの出費があっても、査定額は数万円アップしました。

ヴォルツ 売却|査定価格は71万でした

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが素人には乗っている車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、色々と入力し送信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。その直後に最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/29 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.