FJクルーザー 査定|妄想する楽しさもあります

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり売ることができました。相場よりもかなり高く売却できました。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、ある情報では意外でしたが、珍しいクルマは高く売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、馴染みの深い車や人気車種が高値で売却できるとあったのです。但しその理由は海外向けとのことでした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と思っています。

今回売却したクルマも日本製の車ですが、想像すると外国に持って行くのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

車を売却する時は、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

平和な日本では、今後も良質な中古車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

FJクルーザー 査定|2つの買い取り業者に

今までしたことはありませんでしたがネットの一括査定サイトを利用して、複数の業者で比較検討してみました。これまでは馴染みの買い取り業者にお願いしているので、高額で買い取りしてくれるものだと思い込んでいました。

実際のところは複数の見積もりを取って判りましたが、いつもの業者はそれほど高くなかったようなんです。それ以上高く買い取ってくれる店はないと聞いていたので意外なものでした。これまでは相場で売れたらバッチリと思っていましたが、そうでもなかったことを知りました。今回売ることになった愛車の相場は52万円だったのですが、比較査定をしてその中で一番の高値が70万円を出してくれそうです。相場で売れたら満足だと思っていましたが、相場ってことは可もなく不可もなくということです。

比較査定をして最高額は70万円であり、2位の業者は68万という額でした。3番目は57万円らしく、差があったので、2つの買い取り業者に出張査定見積もりを頼みました。概算で1番の業者にそのまま依頼しなかったのは、複数社で比較しないと安くされそうだと思ったからです。ネットで見たサイトにも、最低でも2社とは比べたほうが良いとありました。

出張査定の時には、約70万相当としていた業者が62万円まで値を下げてきたのです。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万も差があるのですね。ですが68万の業者は、そのままの金額でいいと言われました。概算では2位だった業者が最高額を出してくれて、その業者に売却したのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.