GT-R 買取価格|隣のおじさんには

以前乗っていた車は、ボンネットの一部分が薄白く見えていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白さが目立ってやけにボロボロな車に見えてしまいます。一応洗車をして査定してもらいに行ったところ、ボンネットの白さが査定金額に影響があるようです。

ならばとカーショップに行ってボンネットの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディの艶を出すような商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、艶が出ていい感じになりました。隣のおじさんには新しく車を買ったのかと言われるくらいの仕上がりでした。そこでもう一度査定を受けた所、前回とは見違えるくらいアップです。古いものでもありましたからどう出るかと思いましたが、考えていたよりも高く評価が出てよかったです。無論色についても問題なかった様子でした。白くなりかけていたところも元々の色に戻す事が出来、より一層ピカピカにすることが出来たから良かったのかなと思います。

クルマを売る前には、車の艶を出しておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディの輝きが気になるときは、ワックスで磨いておくだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定金額のアップとピカピカにするためのグッズ代と手間を考えてみて、得な気がしたらキレイにするのもありですね。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の査定アップになりました。

GT-R 買取価格|2つの業者にお願いし

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、多いわけでもありません。買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが私にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.