R1 売却|買い取ってもらった自動車も

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買ってもらえました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、みんなが知っているクルマや人気車種などが高額で売れやすいとありました。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや次の乗り手を想像する楽しさがあります。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、考えるとワクワクします。

どこにあるのかわかりませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときには中古車を買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

平和な日本では、今後も良質な中古車が欲しい人に譲られていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

R1 売却|その金額差におどろきました

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万円位安い見積もりになるところでした。

これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差におどろきました。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、専門の買い取り業者に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に観てもらうことて、査定額がハッキリとわかるからだそうです。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来ていただきました。

査定に必要な時間は約1時間と聞かされていましたので、土日など休みの日に査定をお願いしました。出張してもらっての査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位だった業者が1位の業者を逆転して、最高の査定額を提示してくれたのです。サイト内では70万を下回る査定額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいたことを知らせてみたら、78万円まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の査定をするなら出来るだけ高く売りましょう All rights reserved.